INTORDUCTION イントロダクション
瞬間最高視聴率58.1%。韓国史上5位の平均視聴率をたたき出した2010年最大のヒット作!
 12週連続で全プログラム中1位を獲得。回を増すごとに最高視聴率記録を更新し、最終回には50.8%、瞬間最高視聴率ではなんと58.1%を記録した2010年最大のヒット作が「製パン王キム・タック」だ。視聴率50%超えはあの国民的ドラマ「朱蒙」以来3年ぶりで、平均視聴率38.7%に至っては、「ホ・ジュン」、「宮廷女官 チャングムの誓い」、「パリの恋人」、「朱蒙」に続く韓国歴代5位の記録である。娯楽が増えてリアルタイムでドラマを見る視聴者が激減している近年において、この数字は驚異的だ。  実は新人を中心に起用した本作のヒットを予想するものは決して多くなかったのだが、放送開始後は口コミで面白さが広がり、裏番組のブロックバスター級のドラマを完全に抑え込んでしまった。大方の予想を覆しての大躍進は"真に面白いドラマ"であるからこそ成し得た結果だと言えよう。
異母兄弟の葛藤と、名門一族に渦巻く陰謀の行方から目が離せない!
 出演俳優が口を揃えて「シナリオが面白くて出演を決めた」と語るほど吸引力のあるストーリーが「製パン王キム・タック」の最大の魅力である。序盤から名門一家の複雑な人間関係と出生の秘密が描かれ、異なる境遇で育った異母兄弟が対決を余儀なくされる展開に目が釘付けになる。ふたりがお題を与えられてパンの技術を競いあう場面では、あの「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理対決のようなワクワク感が味わえること間違いなしだ。タックとマジュンが真っ向勝負を繰り広げる一方で、大人たちは後継者の座をめぐって攻防を繰り広げ、その行方からも目が離せない。他にも、ユギョンとミスンを絡めた四角関係、親子愛、師弟愛、そして謎解きの要素までも加え、見どころを挙げたらとても語りつくせない。
感情移入を誘う魅力的なキャラクターたち
 数々の逆境にも明るく立ち向かう主人公タックをはじめとして、いきいきと描かれたキャラクターたちも視聴者から大いに愛された。ライバルのマジュンはタックと敵対しながらも修行を重ねるうちにほのかな友情さえ芽生えてしまう点でこれまでの悪役とは一線を画す。タックを厳しくも温かく指導する師匠たちの存在感も大きく、個性的なパン職人たちがタックを中心に絆を深めている過程も感動的だ。また、悪の元凶として描かれるインスクもチョン・インファのカリスマ性と迫力あふれる演技によって「悪女ながらもあっぱれ」と好評を博すなど、すべての登場人物にも共感し感情移入できる点も幅広い年齢層に支持された理由だと言えよう。
70~80年代の製パン界を再現。さまざまな社会現象を巻き起こした"見て食べたくなるドラマ"
 韓国が経済成長に向かって急速な変化を遂げた70年代から80年代を舞台に、当時の子供たちの憧れの対象であったパンを素材した本作は、同世代の人々の興味と郷愁を誘って支持された。また若い世代からはタックたちの作る素朴なパンが新鮮にとらえられ「見ると無性に食べたくなる」という声が寄せられた。これに目をつけた製パン会社は劇中に出てきた麦飯パンや酒種ポンパン(あんぱん)などを再現して発売。韓国中が復古パンブームに沸いた。また、インスク役のチョン・インファが着こなすレトロ調のゴージャスファッションが話題を呼んだり、当時に流行したギャグを劇中に盛り込んで再流行させるなどの数々の社会現象を巻き起こした。
日本でもブレイク必至のニュースターとベテラン陣の絶妙な調和
 物語を引っ張るタック役に大抜擢されたのは期待の新鋭ユン・シユン。ドラマ初主演ながら明るくはつらつとしたタック像を見事に作り不げ、一躍スターダムにのし不がった。一方、カン・ドンウォンやBIG BANGのT.O.Pに似た容姿で注目されるチュウォンも本作でドラマデビューを飾ったが、新人らしからぬ確かな演技で非運の悪役を演じ切り称賛を浴びた。2人の男性の間で揺れ動くユギョン役には「ラストダンスは私と一緒に」のユジンを起用。これまで心優しきヒロインを演じてきた彼女は、本作で初めて暗い影を持つ女性を演じて新境地を開拓している。ミスク役には「黄金の新婦」のイ・ヨンア。大きな瞳にショートカットが愛らしいミスクのイメージにぴったりで、ユン・シユンとの息の合った演技でも楽しませてくれる。また、「朱蒙」のチョン・グァンリョル、「女人天下」のチョン・インファ、「ファン・ジニ」のチョン・ミソン、「太王四神記」のチャン・ハンソン、「グリーンローズ」のパク・サンミョンなどの名実ともに認められたベテラン陣が若手俳優たちをしっかりと支え、新旧俳優の絶妙な調和も見どころのひとつになっている。
韓国屈指のヒットメーカーのタッグで生まれた最高のエンターテインメント!
 脚本を執筆したのはホテルを舞台にした「ホテリアー」や、ホームショッピング業界が舞台の「ダルジャの春」、大統領の警護官を描いた「強敵たち」などを手掛け、業界ドラマにおいては右に出るものがいないヒットメーカーのカン・ウンギョン作家。本作では製パン業界を舞台にドラマチックな人間模様を盛り込み、その手腕を大いに発揮している。演出を手掛けたのはフュージョン時代劇「快刀ホン・ギルドン」などを通じて斬新な映像に定評があるイ・ジョンソプ監督。製パンのシーンに劇画タッチの演出を取り入れることで楽しさやスピード感を倍増させるなど、エンターテインメント性の高い作品を作りあげた。また本作は、その年に放送されたすべてのドラマを対象に賞を選定する2010コリア・ドラマ・アワーズの連続ドラマ部門で作家賞と演出賞を独占する栄誉にも輝き、韓国ドラマ史に残る名作の仲間入りも果たしている。